京都のホームページ制作会社の有限会社エム・ツーです。レスポンシブウェブデザインを実践しています。

パッケージ販売

顧客の方々のご意見を取り入れながら、シンプルかつ便利なパッケージを低価格で提供するのがコンセプトです。

セキュリティを優先! 社内の関係者だけでファイルを共有できる簡単パッケージソフト

FileStocker - ファイルストッカー

「FileStocker (ファイルストッカー)」は、メール添付では送れない大容量データファイルの受け渡しや、 機密を要するファイルの受け渡し、ファイルの一時的なストック、セキュアな共有書庫として簡単にサーバに設置出来るパッケージソフトです。 ユーザーにグループ属性を組み合わせ、アクセス権限も自由に設定が可能です。 懇意なお取引先様とのデータのやり取りもこれで解決。
[ スマートフォンにも対応 ] した軽量ソフトです。

プロジェクト一覧 - FileStocker トップ画面

パッケージの価格

スマートフォン - FileStocker(トップ画面)

パッケージ標準価格 180,000円 (消費税別)
※ データダウンロードによる納品となります。
インストール代行 16,000円 (消費税別)

サーバにインストールする場合は、1URL、サーバ1台へのインストールとなります。 詳細は、使用許諾契約書をご覧ください。

機能

プロジェクト登録
データファイルを保存ためのディレクトリ名と同様の意味を持ちます。 プロジェクト単位で、アクセス出来るユーザグループを設定できます。 ユーザグループに属していないユーザはアクセス出来ません。
ユーザーグループ設定
ユーザーグループを設定し、アクセス制御を行えます。 ユーザは、複数のグループに属することができます。 ユーザーグループの権限ををプロジェクトにも付与することにより、柔軟なアクセス制限ができます。
ユーザー登録
ユーザを登録できます。 ユーザーは大きく分けて、すべての権限を持つ管理ユーザ、ダウンロードと自分に付与されたグループに属する個別のファイルの削除、ログの閲覧が許された「組織内メンバー」、及び、ダウンロードとアクセス履歴の閲覧のみ許されている「外部メンバー」の3大部に分類されます。 これらを組み合わせてアクセス制限を実施していただけます。
アクセス履歴保存機能
アクセスは、だれがアップロードし、誰がダウンロードしたか、また、だれが削除したかもすべて記録されます。
ファイルアップロード機能
ファイルはブラウザから、アップロードが可能です。 また、アップロード出来るプロジェクトは、ユーザグループ設定により制限されます。
プロジェクト内ファイル一括削除機能
利用が終わったプロジェクトの不要なファイルは一括で削除することが可能です。(管理ユーザーのみ)
個別ファイル削除機能
不要なファイルを削除することも可能です。 ファイルはだれが削除したか記録されます。
データベースデータバックアップ機能
突然のハードウェアの障害に備え、DBをバックアップ出来ます。また、任意のバックアップデータをDBにレストアすることも可能です。 DBデータは、定期的にクライアントのPCに保存頂くと、障害時には、素早く通常の運用形態に戻すことが可能です。
※ データベースのデータは、バックアップされますが、アップロードしたデータファイルはバックアップされません。 マニュアルをご覧いただき、データバックアップフォルダをFTPなどにより、バックアップ下さい。
履歴データ削除機能
ファイル以外のデータは、DB(SQLite)に保存されます。 履歴がたまりすぎた場合は、期限を設けて削除することが可能です。
SSLアクセス強制対応機能
サイトへのアクセスをすべて強制的に暗号化(SSLアクセス)することも可能です。
※ この際、サーバで、ドメインに対する認証局のIDを取得していただく必要があります。また、認証局のIDのapacheサーバへの設定は、お客様自身で行っていただく必要があります。

プロバイダのサーバご利用の場合

【専用サーバ】
一番問題なくご利用いただくため、さくらインターネット、Webアリーナ、スマイルサーバ、 CPIなどの専用サーバをお勧めいたします。
共用のレンタルサーバをご利用の場合、容量の大きなファイルをアップロードする際、時間がかかってしまい、 サーバのプロセス時間制限によりサーバから切断されてしまう場合がなど起こる場合があります。 このような 状況を回避するためには、専用サーバをご利用いただくのが一番良いのですが、レンタルサーバで、そのような 現象がいつも、全ての場合に起ることを確認していません。あくまで、推測ですので、ご了承下さい。
【レンタルサーバの利用可能状況】
・ さくらインターネット レンタルサーバはすべて インストール可能
※ SSLが使えないコースもあります。
・ ロリポップレンタルサーバ全般 インストールは不可もしくは、非推奨です。
※ ウェブアクセス範囲上位にデータディレクトリが作成出来ないことと、エラーログが閲覧出来ない ため、セキュリティに問題があります。
(あくまで弊社の調査範囲ですので、該当しないプランあるかも知れません)
・ スマイルサーバ 基本的には可能。 プロセスの時間制限があるようです。
その他、レンタルサーバに関しては、お問合わせ下さい。

自社でサーバを保持されている場合の要件

【サーバ要件】
・ハードウェア要件
ウェブシステム保存ドライブに 1 GB 程度の容量が必要です。
それ以外に、保存するファイルのサイズ分のストレージ容量が必要です
Red Hat Enterprise ver. 5 あるいは ver. 6 が動作するハードウェア環境
CentOS ver. 5 ver. 6 が動作するハードウェア環境
その他、Unix 系列OSで、同程度のOSが動作する環境

・ソフトウェア要件
サーバOS
Red Hat Enterprise 5, 6, 及び同等の互換OS (CentOS etc)
その他 BSD系 Solaris系 SunOS系などのUNIX系OS
インストールが必要なソフトウェア
apache 2.0.0 以上
perl 5.8.8 以上
perl モジュール DBI
perl モジュール DBD::SQLite
※ DBのMysqlを利用する場合は、 DBD::mysql
※ SSLアクセスを行う場合は、 openssl が必要

ご注意と免責事項

  • ご利用にあたっては、使用許諾契約書に同意していただく必要があります。
  • レンタルサーバなどの情報に関しましては、保証するものではありません。事前にご確認下さい

お問い合わせフォーム

075-822-0809

お電話での受付:平日9時~18時

ホームページ制作ウェブシステム制作のご相談は お電話あるいは、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ